キッチーkobayasiの本当に大事じゃない話

ひょんな事から飲食の世界に飛び込み、今も料理人を続けています。

*

ブログを続けるか迷った末 やはり宮崎作品は初期のものが良い

      2016/11/06

どうもキッチーです。

私は薬物依存症です。
海外から薬を個人輸入してました。毎月5万~10万円位海外送金していました。勿論違法ドラッグも脱法ドラッグも手を出した事はありません。しかし私が服用していたドラッグは精神に作用し、大量服用すると気持ちが落ち着くのと、感受性が高まり、見るテレビや聞く音楽が素晴らしく感じられます。マリファナの様な効用ですが、私はマリファナを服用した事が無いので、果たして本当に同じ効きなのかは判りません(きっと全く別物でしょう)。
しかし私が行ってきた事が良い事だとは決して思いません。寧ろ悪い事です。違法性もあるかも知れません(こんな事書いて大丈夫か?)。プロフィールにも書いてますが、閉鎖病棟に何度も入院した経験があります。それでも止められませんでした。全て過去形なのは、今は『やってない!!』からです(医師の処方箋がある薬は服用しています)。しかし依存症は回復する事はあっても治る事はありません。今後また一度でも手を出したら、それまでの空白期間は全てオジャンになります。尤も、もうあの地獄の様な日々に戻るつもりはありませんが。因みに病院ではもうドラッグを使わない為の治療を受けてますが、正直あまり効果があるとは思ってません。それより個人的には、母の仏壇に手を合わせ、『もう使わない』と誓いを立てた事の方が重要だと思います(私は無信仰ですが)。

さて「薬はこれで最後だ」と決めて、薬をキメて何をするかを考えた時、自分の好きな映画を見て感動しようと思いました。
そこで自分の人生最良の3作『天空の城ラピュタ(宮崎駿監督1位)』『カリオストロの城(宮崎駿監督2位)』『秒速5センチメートル(新海誠監督3位)』を薬を使って見直しました。残念なのは薬が切れた後は内容を殆ど覚えて無いという事です。まぁ3作とも過去に何度も見ているので話の展開は全部分ってましたが、やはり感動の度合いは違いましたね。これでもう薬に関して未練はありません。本当に止めました。

そして昨日放送の『となりのトトロ』でしたが、シラフでもやはり良いものは良いですね。今回久し振りの鑑賞となりましたが(自前のHDDに録画してあっていつでも見れるので)、「トトロってこんなにいい映画だったっけ?」と思ってしまいました。年取ってまた違う視点で、感じるものがありました。来週放送の『紅の豚』も『ナウシカ』も『魔女宅』も全部HDDに入ってるので、また今度時間のある時に見直してみたいと思います。きっと感動出来るでしょう。

さぁこのブログですか、今回大分突っ込んだ内容を書いたので、これで打ち止めにするか、また何か書くか、友人とも相談しながら、そう遠くない内に結論を出させて頂きます。
もしまたお目にかかる機会がありましたら、その時は宜しくお願い致します。

キッチーより

追記。
ついでなので書いておきますが。
父が市場関係者に聞いた話によりますと、現在移転問題に揺れる豊洲新市場に関して、あの場所・建物を流通大手のAmazonが買いたいと手を上げているそうです。
ですが小池知事はそれには応じないでしょう。築地に関しては老朽化が進み、これから先恒久的に利用するのは無理な事がはっきりしています。これでまた別の場所にイチからとなれば、大幅に時間がかかり、事業者への賠償額は物凄く膨れ上がります。流石にそれは辛いでしょう。しかし恐らく都の調査では『大勢に影響無し』と結論付けられると思いますが、別の専門者会議で何らかの措置を取らなければならないと出された場合、知事曰く「15ヵ月は必要」との事ですので、まだまだこの問題からは目が離せません。

追記2。
今年の第94回全国学生相撲選手権で、昨年のアマチュア横綱(全日本選手権優勝)の日大4年生、キャプテンのモンゴル人トゥルボルド選手が優勝しました。既に今年に入り世界選手権を含め5つのタイトルを取ってますが、逆に大分研究されて自分の相撲を中々取らせて貰えませんでした。それで優勝ですからね。素直に凄いと思います。これで6つ目のタイトルです。
今大会優勝で大相撲(プロ)の幕下15枚目格付け出しの権利を得ました。これから12月にある今年の全日本選手権でまた優勝すれば、幕下10枚目格付け出しでのデビューになります。この選手の実力は本物だと思います。ちょっと注目していきたいと思います。

 - アニメ, スポーツ, 雑事